香川大介展「一陣の。」

香川大介作品「untitled」
香川大介作品「untitled」
木綿布に下地を塗り、ペイント。 素材:木綿布 アクリル絵の具 サイズ:49.4cm × 41.6cm(額装時) 制作:2020年7月 額装済み 【香川大介プロフィール】 1981年福岡県生まれ。日光市在住。絵画収入による日本徒歩縦断などを経て、画家としてのスタイルを確立。各地にて展覧会の開催、また美術祭などに参加。日光東照宮そばの築100年の古民家をセルフリノベーションし、自身の個人美術館「香川大介美術館」と作品などを取り扱うギャラリーショップ「吉見屋」を設立。インド東部ビハール州にて開催された”ウォールアートフェスティバル in カガリア 2015″にて学校の教室の壁3面に大作を描いた。形にとらわれない“創作”そのものを中心とした生活をおくっている。関門海峡ミュージアム(北九州市)にて個展「海峡をわたる森」が開催予定。 https://www.kagawadaisuke.com 2009.2   京都/東本願寺  『感応−真宗と出遇った芸術家たち』に出品 2011以降  長野/大町市    『信濃の国 原始感覚美術祭』に毎年参加 2011.9   栃木/日光市    小杉放菴記念日光美術館 『香川大介 生の絵画展』 2012.8   新潟/新潟市    『水と土の芸術祭』市民プロジェクトとして参加、“風の森”を制作 2012.9   神奈川/横浜    『大野一雄フェスティバル』内にて、土方巽著“病める舞姫”を元に制作 2015.7   長野/大町市   原始感覚美術祭内で制作中だった『蔵の22神像』が4年越しの完成 2015.11   インド/カガリア ウォールアートフェスティバル(WAF)in カガリア2015 に参加 2016以降  栃木/日光市    『キリフリ谷の藝術祭』に毎年参加 2016.12   東京/港区    パークホテル東京企画AIHにて『縄文』の部屋を制作 2017.6   栃木/日光市    『吉見屋/香川大介美術館』を設立 2017.6   栃木/日光市   日光本町郵便局で使用される風景印を制作 2017.8            画集『蔵の22神像』出版・発売 2018.6   栃木/日光市   展覧会『揚回路』、企画展『グラスダイアログ』を開催 2018.9   インド/ムンバイ ウォールアートプロジェクト主催『漆と絵師』展に出品 2018.11    福島/猪苗代町  はじまりの美術館 『ウォールアートフェスティバル(WAF)ふくしま in 猪苗代2018』に参加 2018.12 東京/調布市   ツォモリリ文庫 『漆と絵師 凱旋展示』に出品、公開制作 2019.9-12   東京/港区    パークホテル東京 香川大介展『秋分けのまれびと』 2020-21  福岡/北九州   関門海峡ミュージアム 香川大介展『海峡わたる森』
¥ 24,000
香川大介作品「untitled」
香川大介作品「untitled」
木綿布に下地を塗り、ペイント。 素材:木綿布 アクリル絵の具 サイズ:48cm × 40cm(額装時) 制作:2020年7月 【香川大介プロフィール】 1981年福岡県生まれ。日光市在住。絵画収入による日本徒歩縦断などを経て、画家としてのスタイルを確立。各地にて展覧会の開催、また美術祭などに参加。日光東照宮そばの築100年の古民家をセルフリノベーションし、自身の個人美術館「香川大介美術館」と作品などを取り扱うギャラリーショップ「吉見屋」を設立。インド東部ビハール州にて開催された”ウォールアートフェスティバル in カガリア 2015″にて学校の教室の壁3面に大作を描いた。形にとらわれない“創作”そのものを中心とした生活をおくっている。関門海峡ミュージアム(北九州市)にて個展「海峡をわたる森」が開催予定。 https://www.kagawadaisuke.com 2009.2   京都/東本願寺  『感応−真宗と出遇った芸術家たち』に出品 2011以降  長野/大町市    『信濃の国 原始感覚美術祭』に毎年参加 2011.9   栃木/日光市    小杉放菴記念日光美術館 『香川大介 生の絵画展』 2012.8   新潟/新潟市    『水と土の芸術祭』市民プロジェクトとして参加、“風の森”を制作 2012.9   神奈川/横浜    『大野一雄フェスティバル』内にて、土方巽著“病める舞姫”を元に制作 2015.7   長野/大町市   原始感覚美術祭内で制作中だった『蔵の22神像』が4年越しの完成 2015.11   インド/カガリア ウォールアートフェスティバル(WAF)in カガリア2015 に参加 2016以降  栃木/日光市    『キリフリ谷の藝術祭』に毎年参加 2016.12   東京/港区    パークホテル東京企画AIHにて『縄文』の部屋を制作 2017.6   栃木/日光市    『吉見屋/香川大介美術館』を設立 2017.6   栃木/日光市   日光本町郵便局で使用される風景印を制作 2017.8            画集『蔵の22神像』出版・発売 2018.6   栃木/日光市   展覧会『揚回路』、企画展『グラスダイアログ』を開催 2018.9   インド/ムンバイ ウォールアートプロジェクト主催『漆と絵師』展に出品 2018.11    福島/猪苗代町  はじまりの美術館 『ウォールアートフェスティバル(WAF)ふくしま in 猪苗代2018』に参加 2018.12 東京/調布市   ツォモリリ文庫 『漆と絵師 凱旋展示』に出品、公開制作 2019.9-12   東京/港区    パークホテル東京 香川大介展『秋分けのまれびと』 2020-21  福岡/北九州   関門海峡ミュージアム 香川大介展『海峡わたる森』
¥ 25,000
香川大介作品「untitled」
香川大介作品「untitled」
木綿布に下地を塗り、ペイント。 素材:木綿布 アクリル絵の具 サイズ:48cm × 40cm(額装時) 制作:2020年7月 【香川大介プロフィール】 1981年福岡県生まれ。日光市在住。絵画収入による日本徒歩縦断などを経て、画家としてのスタイルを確立。各地にて展覧会の開催、また美術祭などに参加。日光東照宮そばの築100年の古民家をセルフリノベーションし、自身の個人美術館「香川大介美術館」と作品などを取り扱うギャラリーショップ「吉見屋」を設立。インド東部ビハール州にて開催された”ウォールアートフェスティバル in カガリア 2015″にて学校の教室の壁3面に大作を描いた。形にとらわれない“創作”そのものを中心とした生活をおくっている。関門海峡ミュージアム(北九州市)にて個展「海峡をわたる森」が開催予定。 https://www.kagawadaisuke.com 2009.2   京都/東本願寺  『感応−真宗と出遇った芸術家たち』に出品 2011以降  長野/大町市    『信濃の国 原始感覚美術祭』に毎年参加 2011.9   栃木/日光市    小杉放菴記念日光美術館 『香川大介 生の絵画展』 2012.8   新潟/新潟市    『水と土の芸術祭』市民プロジェクトとして参加、“風の森”を制作 2012.9   神奈川/横浜    『大野一雄フェスティバル』内にて、土方巽著“病める舞姫”を元に制作 2015.7   長野/大町市   原始感覚美術祭内で制作中だった『蔵の22神像』が4年越しの完成 2015.11   インド/カガリア ウォールアートフェスティバル(WAF)in カガリア2015 に参加 2016以降  栃木/日光市    『キリフリ谷の藝術祭』に毎年参加 2016.12   東京/港区    パークホテル東京企画AIHにて『縄文』の部屋を制作 2017.6   栃木/日光市    『吉見屋/香川大介美術館』を設立 2017.6   栃木/日光市   日光本町郵便局で使用される風景印を制作 2017.8            画集『蔵の22神像』出版・発売 2018.6   栃木/日光市   展覧会『揚回路』、企画展『グラスダイアログ』を開催 2018.9   インド/ムンバイ ウォールアートプロジェクト主催『漆と絵師』展に出品 2018.11    福島/猪苗代町  はじまりの美術館 『ウォールアートフェスティバル(WAF)ふくしま in 猪苗代2018』に参加 2018.12 東京/調布市   ツォモリリ文庫 『漆と絵師 凱旋展示』に出品、公開制作 2019.9-12   東京/港区    パークホテル東京 香川大介展『秋分けのまれびと』 2020-21  福岡/北九州   関門海峡ミュージアム 香川大介展『海峡わたる森』
¥ 25,000 SOLD OUT
香川大介作品「untitled」
香川大介作品「untitled」
木綿布に下地を塗り、ペイント。 素材:木綿布 アクリル絵の具 サイズ:49.4cm × 41.6cm(額装時) 制作:2020年7月 額装済み 【香川大介プロフィール】 1981年福岡県生まれ。日光市在住。絵画収入による日本徒歩縦断などを経て、画家としてのスタイルを確立。各地にて展覧会の開催、また美術祭などに参加。日光東照宮そばの築100年の古民家をセルフリノベーションし、自身の個人美術館「香川大介美術館」と作品などを取り扱うギャラリーショップ「吉見屋」を設立。インド東部ビハール州にて開催された”ウォールアートフェスティバル in カガリア 2015″にて学校の教室の壁3面に大作を描いた。形にとらわれない“創作”そのものを中心とした生活をおくっている。関門海峡ミュージアム(北九州市)にて個展「海峡をわたる森」が開催予定。 https://www.kagawadaisuke.com 2009.2   京都/東本願寺  『感応−真宗と出遇った芸術家たち』に出品 2011以降  長野/大町市    『信濃の国 原始感覚美術祭』に毎年参加 2011.9   栃木/日光市    小杉放菴記念日光美術館 『香川大介 生の絵画展』 2012.8   新潟/新潟市    『水と土の芸術祭』市民プロジェクトとして参加、“風の森”を制作 2012.9   神奈川/横浜    『大野一雄フェスティバル』内にて、土方巽著“病める舞姫”を元に制作 2015.7   長野/大町市   原始感覚美術祭内で制作中だった『蔵の22神像』が4年越しの完成 2015.11   インド/カガリア ウォールアートフェスティバル(WAF)in カガリア2015 に参加 2016以降  栃木/日光市    『キリフリ谷の藝術祭』に毎年参加 2016.12   東京/港区    パークホテル東京企画AIHにて『縄文』の部屋を制作 2017.6   栃木/日光市    『吉見屋/香川大介美術館』を設立 2017.6   栃木/日光市   日光本町郵便局で使用される風景印を制作 2017.8            画集『蔵の22神像』出版・発売 2018.6   栃木/日光市   展覧会『揚回路』、企画展『グラスダイアログ』を開催 2018.9   インド/ムンバイ ウォールアートプロジェクト主催『漆と絵師』展に出品 2018.11    福島/猪苗代町  はじまりの美術館 『ウォールアートフェスティバル(WAF)ふくしま in 猪苗代2018』に参加 2018.12 東京/調布市   ツォモリリ文庫 『漆と絵師 凱旋展示』に出品、公開制作 2019.9-12   東京/港区    パークホテル東京 香川大介展『秋分けのまれびと』 2020-21  福岡/北九州   関門海峡ミュージアム 香川大介展『海峡わたる森』
¥ 23,000
香川大介作品「untitled」
香川大介作品「untitled」
木綿布に下地を塗り、ペイント。 素材:木綿布 アクリル絵の具 サイズ:48cm × 40cm(額装時) 制作:2020年7月 額装済み 【香川大介プロフィール】 1981年福岡県生まれ。日光市在住。絵画収入による日本徒歩縦断などを経て、画家としてのスタイルを確立。各地にて展覧会の開催、また美術祭などに参加。日光東照宮そばの築100年の古民家をセルフリノベーションし、自身の個人美術館「香川大介美術館」と作品などを取り扱うギャラリーショップ「吉見屋」を設立。インド東部ビハール州にて開催された”ウォールアートフェスティバル in カガリア 2015″にて学校の教室の壁3面に大作を描いた。形にとらわれない“創作”そのものを中心とした生活をおくっている。関門海峡ミュージアム(北九州市)にて個展「海峡をわたる森」が開催予定。 https://www.kagawadaisuke.com 2009.2   京都/東本願寺  『感応−真宗と出遇った芸術家たち』に出品 2011以降  長野/大町市    『信濃の国 原始感覚美術祭』に毎年参加 2011.9   栃木/日光市    小杉放菴記念日光美術館 『香川大介 生の絵画展』 2012.8   新潟/新潟市    『水と土の芸術祭』市民プロジェクトとして参加、“風の森”を制作 2012.9   神奈川/横浜    『大野一雄フェスティバル』内にて、土方巽著“病める舞姫”を元に制作 2015.7   長野/大町市   原始感覚美術祭内で制作中だった『蔵の22神像』が4年越しの完成 2015.11   インド/カガリア ウォールアートフェスティバル(WAF)in カガリア2015 に参加 2016以降  栃木/日光市    『キリフリ谷の藝術祭』に毎年参加 2016.12   東京/港区    パークホテル東京企画AIHにて『縄文』の部屋を制作 2017.6   栃木/日光市    『吉見屋/香川大介美術館』を設立 2017.6   栃木/日光市   日光本町郵便局で使用される風景印を制作 2017.8            画集『蔵の22神像』出版・発売 2018.6   栃木/日光市   展覧会『揚回路』、企画展『グラスダイアログ』を開催 2018.9   インド/ムンバイ ウォールアートプロジェクト主催『漆と絵師』展に出品 2018.11    福島/猪苗代町  はじまりの美術館 『ウォールアートフェスティバル(WAF)ふくしま in 猪苗代2018』に参加 2018.12 東京/調布市   ツォモリリ文庫 『漆と絵師 凱旋展示』に出品、公開制作 2019.9-12   東京/港区    パークホテル東京 香川大介展『秋分けのまれびと』 2020-21  福岡/北九州   関門海峡ミュージアム 香川大介展『海峡わたる森』
¥ 25,000
香川大介作品「untitled」
香川大介作品「untitled」
木綿布に下地を塗り、ペイント。 素材:木綿布 アクリル絵の具 サイズ:48cm × 40cm(額装時) 制作:2020年7月 額装済み 【香川大介プロフィール】 1981年福岡県生まれ。日光市在住。絵画収入による日本徒歩縦断などを経て、画家としてのスタイルを確立。各地にて展覧会の開催、また美術祭などに参加。日光東照宮そばの築100年の古民家をセルフリノベーションし、自身の個人美術館「香川大介美術館」と作品などを取り扱うギャラリーショップ「吉見屋」を設立。インド東部ビハール州にて開催された”ウォールアートフェスティバル in カガリア 2015″にて学校の教室の壁3面に大作を描いた。形にとらわれない“創作”そのものを中心とした生活をおくっている。関門海峡ミュージアム(北九州市)にて個展「海峡をわたる森」が開催予定。 https://www.kagawadaisuke.com 2009.2   京都/東本願寺  『感応−真宗と出遇った芸術家たち』に出品 2011以降  長野/大町市    『信濃の国 原始感覚美術祭』に毎年参加 2011.9   栃木/日光市    小杉放菴記念日光美術館 『香川大介 生の絵画展』 2012.8   新潟/新潟市    『水と土の芸術祭』市民プロジェクトとして参加、“風の森”を制作 2012.9   神奈川/横浜    『大野一雄フェスティバル』内にて、土方巽著“病める舞姫”を元に制作 2015.7   長野/大町市   原始感覚美術祭内で制作中だった『蔵の22神像』が4年越しの完成 2015.11   インド/カガリア ウォールアートフェスティバル(WAF)in カガリア2015 に参加 2016以降  栃木/日光市    『キリフリ谷の藝術祭』に毎年参加 2016.12   東京/港区    パークホテル東京企画AIHにて『縄文』の部屋を制作 2017.6   栃木/日光市    『吉見屋/香川大介美術館』を設立 2017.6   栃木/日光市   日光本町郵便局で使用される風景印を制作 2017.8            画集『蔵の22神像』出版・発売 2018.6   栃木/日光市   展覧会『揚回路』、企画展『グラスダイアログ』を開催 2018.9   インド/ムンバイ ウォールアートプロジェクト主催『漆と絵師』展に出品 2018.11    福島/猪苗代町  はじまりの美術館 『ウォールアートフェスティバル(WAF)ふくしま in 猪苗代2018』に参加 2018.12 東京/調布市   ツォモリリ文庫 『漆と絵師 凱旋展示』に出品、公開制作 2019.9-12   東京/港区    パークホテル東京 香川大介展『秋分けのまれびと』 2020-21  福岡/北九州   関門海峡ミュージアム 香川大介展『海峡わたる森』
¥ 25,000
香川大介作品「untitled」
香川大介作品「untitled」
木綿布に下地を塗り、ペイント。 素材:木綿布 アクリル絵の具 サイズ:49.4cm × 41.6cm(額装時) 制作:2020年7月 額装済み 【香川大介プロフィール】 1981年福岡県生まれ。日光市在住。絵画収入による日本徒歩縦断などを経て、画家としてのスタイルを確立。各地にて展覧会の開催、また美術祭などに参加。日光東照宮そばの築100年の古民家をセルフリノベーションし、自身の個人美術館「香川大介美術館」と作品などを取り扱うギャラリーショップ「吉見屋」を設立。インド東部ビハール州にて開催された”ウォールアートフェスティバル in カガリア 2015″にて学校の教室の壁3面に大作を描いた。形にとらわれない“創作”そのものを中心とした生活をおくっている。関門海峡ミュージアム(北九州市)にて個展「海峡をわたる森」が開催予定。 https://www.kagawadaisuke.com 2009.2   京都/東本願寺  『感応−真宗と出遇った芸術家たち』に出品 2011以降  長野/大町市    『信濃の国 原始感覚美術祭』に毎年参加 2011.9   栃木/日光市    小杉放菴記念日光美術館 『香川大介 生の絵画展』 2012.8   新潟/新潟市    『水と土の芸術祭』市民プロジェクトとして参加、“風の森”を制作 2012.9   神奈川/横浜    『大野一雄フェスティバル』内にて、土方巽著“病める舞姫”を元に制作 2015.7   長野/大町市   原始感覚美術祭内で制作中だった『蔵の22神像』が4年越しの完成 2015.11   インド/カガリア ウォールアートフェスティバル(WAF)in カガリア2015 に参加 2016以降  栃木/日光市    『キリフリ谷の藝術祭』に毎年参加 2016.12   東京/港区    パークホテル東京企画AIHにて『縄文』の部屋を制作 2017.6   栃木/日光市    『吉見屋/香川大介美術館』を設立 2017.6   栃木/日光市   日光本町郵便局で使用される風景印を制作 2017.8            画集『蔵の22神像』出版・発売 2018.6   栃木/日光市   展覧会『揚回路』、企画展『グラスダイアログ』を開催 2018.9   インド/ムンバイ ウォールアートプロジェクト主催『漆と絵師』展に出品 2018.11    福島/猪苗代町  はじまりの美術館 『ウォールアートフェスティバル(WAF)ふくしま in 猪苗代2018』に参加 2018.12 東京/調布市   ツォモリリ文庫 『漆と絵師 凱旋展示』に出品、公開制作 2019.9-12   東京/港区    パークホテル東京 香川大介展『秋分けのまれびと』 2020-21  福岡/北九州   関門海峡ミュージアム 香川大介展『海峡わたる森』
¥ 23,000
ツォモリリ文庫 調布市仙川町1-25-4  http://tsomoriribunko.com
TEL: 03-6338-1469
E-mail:info@tsomoriribunko.com