賢者の視展

ゴンド画  ジャンガル・シン・シャム作品
ゴンド画 ジャンガル・シン・シャム作品
ゴンド族の村を訪れたとき、季節は冬で木々の葉は落ち、若干の緑を残すのみだった。だが雨季になればそこが深い森になるだろうことは容易に想像できた。インド中部・マデャプラデーシュ州に蕩々と流れるナルマダ川に沿う様にその村はあった。 手入れが丁寧に行き届いた土壁の家の床には、台形を重ねた様な模様が描かれている。神様がやってきていつでも座れる様に、御座の絵が毎朝描かれるのだそうだ。吟遊詩人のおじさんは「森にいる私たちの神様は、歌と各人の心の中にいるんだ。その姿は想う人それぞれなのだ」と教えてくれた。 稀代のゴンド画家・故ジャンガル・シン・シャム。その村で吟遊詩人の家系に生まれた彼は、神の姿を初めて視覚的に表現し、森の植物、動物たちを独自の手法によって描いたゴンド画の礎を築いたパイオニアとして名高い。 この目は私に何を語りかけているのだろう。まるでどこかに繋がる扉が開いて、目の前にやってきてくれた救い手のようだ。もしもこの絵のストーリーをシャムさんに聞けたとしたら、彼は何を話してくれただろう。 作者名 ジャンガル・シン・シャム Jangarh Singh Shyam タイトル untitled サイズ 37.4 cm ×29.4cm (額装時) 素材 紙 ペン インク  制作地 インド・マデャプラデーシュ州 制作年 1999 ジャンガル・シン・シャム Jangarh Singh Shyam (1962-2001) <受賞歴> Shikhar Samman, 1986 マデャプラデーシュ州政府より ほか <海外展> Bharat Mahotsav, London 1988. Bharat Mahotsav, Japan 1988 Magiciens de la Terre, Centre Pompidou, Paris 1989 Nine Contemporary Indian Artists, the Netherlands 1992 Indian Songs, Multiple Streams of Contemporary Indian Art, New South Wales, Australia 1993 Expéditions Indiennes, Musée des Arts Décoratifs, Paris 1998
¥ 44,000
ゴンド画 アジェイ・クマル・ウルヴェティ 「ヤマアラシ」
ゴンド画 アジェイ・クマル・ウルヴェティ 「ヤマアラシ」
ゴンド画家アジェイ・クマル・ウルヴェティのヤマアラシ。アジェイさんを知ったのも背中にトゲのある動物の絵だった。のびのびとした線で、ジャングルや平原を闊歩する姿を思い起こさせる画風に惚れ込み、連絡先を探し出した。 彼は先住民ゴンド族の一人だ。ウォールアートフェスティバルに招聘アーティストとして参加してくれませんか、とオファーした。話をするうちに、「この絵を描く彼の背景はどういうものだろう」と興味が湧いてきて、彼の生まれ故郷のパタンガル村へ案内を頼んだ。「近いですよ」と彼がいうから、近所なのだと思いきや・・・マディヤプラデーシュ州の州都ボーパールから夜行列車とバスを乗り継ぎ、1日半かけて村に到着した。 村を歩き回り、家々の壁にあるレリーフ画や、床絵、祭壇を見ながら、ゴンド族にとっての信仰や動物たちとの関係性を教えてもらった。例えば、神様はときどきトラの姿になって、人間たちを見守っているという。 ゴンド画家にはそれぞれ、独自の模様がある。アジェイの場合は、鱗のような模様がそれに当たる。その模様を見ると、誰の作品かがわかるそうだ。 作者名 アジェイ・クマル・ウルヴェティ Ajay Kumar Urveti タイトル ヤマアラシ サイズ 44 cm ×36.4 cm (額装時) 素材 アクリル絵具 紙 制作地 インド・マディヤプラデーシュ州 シルバー塗装の木製フレームに額装済み アジェイさんと行ったパタンガル村探訪記はこちら http://blog.livedoor.jp/wall_art/archives/2013-12.html
¥ 33,000
ビール画 ブリ・バイ「蛇」「亀」
ビール画 ブリ・バイ「蛇」「亀」
この作品を描いたBhuri Baiはインド中部に広く分布するビール族(Bhil)の一人だ。ビール族はティプカと呼ばれる吉兆を示すドットを牛などの家畜にほどこす文化を持つ。いつしかそのドットは、家の壁に描かれる小さなイメージや壁画にもほどこされるようになった。彼らの伝統的な家は木と土と牛ふんで出来ており、結婚式や祭りの際に壁に作られたレリーフを彩ることが元々の起りとされている。それが徐々に変化し、絵が描かれる様になっていった。 Bhuri Baiもまた、はじめて絵を描いたのキャンバスは自分の家の壁だった。彼女の母親から「今度お祭りがあるから、家を飾ってみなさい」と言われ、土や灰を水で溶いて作った絵具で描いた絵が村で評判となり、家々に呼ばれて描いたそうだ。 あるミュージアムの建設現場で働いていた際にインド政府の役人に呼び止められ、先住民族である自分の村の話をしていたところ、ひょんなことからそのミュージアムの壁に描くことになった。そこから彼女のフォークロア・アーティストとしての人生がはじまった。 特に手本にする先人の作品などはなく、彼女のイマジネーションにまかせ描いているのだそう。指導したビール画家も多く、自らが切り拓いた道を、現役で先導している。 タイトル:「蛇」「亀」 サイズ:蛇 28 cm ×17.8 cm 亀 25.5 cm ×18 cm 制作地:インド(マデャプラデーシュ) 素材:アクリル絵具 紙 手塗りの木製フレームに額装済み 作者 Bhuri Bai 受賞・表彰歴  Shikhar Samman, 1986  マデャプラデーシュ州政府より Ahalya Samman, 1998 マデャプラデーシュ州政府より Rani Durgavati Award, 2009 2007、 'Story of the Jungle'がサザビーズオークションで落札
¥ 17,600
ゴンド画 ジャンガル・シン・シャム作品
ゴンド画 ジャンガル・シン・シャム作品
ゴンド族の村を訪れたとき、季節は冬で木々の葉は落ち、若干の緑を残すのみだった。だが雨季になればそこが深い森になるだろうことは容易に想像できた。インド中部・マデャプラデーシュ州に蕩々と流れるナルマダ川に沿う様にその村はあった。 手入れが丁寧に行き届いた土壁の家の床には、台形を重ねた様な模様が描かれている。神様がやってきていつでも座れる様に、御座の絵が毎朝描かれるのだそうだ。吟遊詩人のおじさんは「森にいる私たちの神様は、歌と各人の心の中にいるんだ。その姿は想う人それぞれなのだ」と教えてくれた。 稀代のゴンド画家・故ジャンガル・シン・シャム。その村で吟遊詩人の家系に生まれた彼は、神の姿を初めて視覚的に表現し、森の植物、動物たちを独自の手法によって描いたゴンド画の礎を築いたパイオニアとして名高い。 この目は私に何を語りかけているのだろう。まるでどこかに繋がる扉が開いて、目の前にやってきてくれた救い手のようだ。もしもこの絵のストーリーをシャムさんに聞けたとしたら、彼は何を話してくれただろう。 作者名 ジャンガル・シン・シャム Jangarh Singh Shyam タイトル untitled サイズ 37.4 cm ×29.4cm (額装時) 素材 紙 ペン インク  制作地 インド・マデャプラデーシュ州 ジャンガル・シン・シャム Jangarh Singh Shyam (1962-2001) <受賞歴> Shikhar Samman, 1986 マデャプラデーシュ州政府より ほか <海外展> Bharat Mahotsav, London 1988. Bharat Mahotsav, Japan 1988 Magiciens de la Terre, Centre Pompidou, Paris 1989 Nine Contemporary Indian Artists, the Netherlands 1992 Indian Songs, Multiple Streams of Contemporary Indian Art, New South Wales, Australia 1993 Expéditions Indiennes, Musée des Arts Décoratifs, Paris 1998
¥ 99,000 SOLD OUT
ゴドナー画「森の動物たち」
ゴドナー画「森の動物たち」
インド東北部・ビハール州。その北部のマドゥバニ地区は、国境を接するネパールの一部と合わせミティラー地方とも呼ばれていた。この地域を代表するアートとして、ヒンドゥー神話を主に描くミティラー画が名高い。5つあると言われるミティラー画のスタイルの一つがゴドナー画である。元々は、ローカーストの人々が刺青のモチーフとして描いてきたものが、昨今では手すきの紙やキャンバスに描かれる様になっている。ゴドナー画は自然や人々の暮らしを描いたものが多い。 この作品は、マドゥバニ町の付近のジトワルプル村に住むパスワン一家を訪ねたときに出合ったものだ。大黒柱であるラジさんをWall Art Festivalへ招聘する目的で作品を見せてもらう中に、この一枚はあった。描き手はラジさんの妻。ビハール州のステートアワード受賞者でもある。 ミティラーは神話の中で森の中にある場所として登場する。森に集ったたくさんの生きものたちが描かれている。 薄らと茶色になっているのは、ゴーバル=牛ふんが刷毛でさっと塗られているため。牛もまた人々の暮らしに欠かせない存在だ。 作者名 不明 タイトル untitled サイズ 90.4 cm ×40.6cm (額装時) 素材 手すき紙 煤インク 牛ふん 制作地 インド・ビハール州 額装済み
¥ 132,000
ビール画 ブリ・バイ 「Playing in the jungle」
ビール画 ブリ・バイ 「Playing in the jungle」
この作品を描いたBhuri Baiはインド中部に広く分布するビール族(Bhil)の一人だ。ビール族はティプカと呼ばれる吉兆を示すドットを牛などの家畜にほどこす文化を持つ。いつしかそのドットは、家の壁に描かれる小さなイメージや壁画にもほどこされるようになった。彼らの伝統的な家は木と土と牛ふんで出来ており、結婚式や祭りの際に壁に作られたレリーフを彩ることが元々の起りとされている。それが徐々に変化し、絵が描かれる様になっていった。 Bhuri Baiもまた、はじめて絵を描いたのキャンバスは自分の家の壁だった。彼女の母親から「今度お祭りがあるから、家を飾ってみなさい」と言われ、土や灰を水で溶いて作った絵具で描いた絵が村で評判となり、家々に呼ばれて描いたそうだ。 あるミュージアムの建設現場で働いていた際にインド政府の役人に呼び止められ、先住民族である自分の村の話をしていたところ、ひょんなことからそのミュージアムの壁に描くことになった。そこから彼女のフォークロア・アーティストとしての人生がはじまった。 この絵は彼女が暮らす村の周辺にある木々で人々が遊んでいる様子だ。中央には木の精霊が描かれている。 人々がマフアという、その実と花が酒造りの材料となる木にぶら下がりながら、良い1日を過ごしている。 タイトル:Play in the jungle ジャングルで遊ぶ サイズ:35.6 cm ×53.4 cm 制作地:インド(マデャプラデーシュ) 素材:アクリル絵具 紙 手塗りの木製フレームに額装済み 作者 Bhuri Bai 受賞・表彰歴  Shikhar Samman, 1986  マデャプラデーシュ州政府より Ahalya Samman, 1998 マデャプラデーシュ州政府より Rani Durgavati Award, 2009 2007、 'Story of the Jungle'がサザビーズオークションで落札
¥ 49,500
ワルリ画 ラジェーシュ・モール 「Ant house」
ワルリ画 ラジェーシュ・モール 「Ant house」
ジャングルに囲まれた村で畑作・稲作を営むワルリ族の人々にとって、土は暮らしを成り立たせる必要不可欠な、とても身近な存在だ。モールも米や野菜を育てている。畑仕事をしていると、よくアリの巣を見つけるそうだ。このアリは地上にもまるで城壁の様に土を盛り上げ、地中には深さ1.5mほどにまで達する巣を築く。ワルリの人々にとって、一匹一匹は小さな存在であっても、集まって大きな力を出すことができるアリは結束と力の象徴だ。 このアリは、木の根や葉を食糧にしている。巣の中に木の枝があり、その色は白い。子どもの頃にそれを見たとき、「これはアリたちが世話をしているに違いない」と感じた記憶が今も彼に息づいているのだそう。 アリをよく見ていると、暑さ(気温45度まで上昇する)がやってくることや、雨季の前になると夜中に一斉に外へ出るので季節の変わり目を知ることができる。 土を住処としているのはアリだけではなく、ネズミ、カエル、ヘビ、昆虫たちもまた大地の下に息づいている。絵の右に描かれたトラや、左のキツネもそういった小動物を食べながら生きている。 作者 Rajesh L. Mor タイトル:Ant house サイズ:92.4 cm ×71.4cm 制作地:インド(マハラシュトラ) 素材:キャンバス地 ポスターカラー 牛ふん 布張り込みパネルとして額装済み
¥ 60,500
ツォモリリ文庫 調布市仙川町1-25-4  http://tsomoriribunko.com
TEL: 03-6338-1469
E-mail:info@tsomoriribunko.com